さいたま赤十字病院
お問い合わせ
〒330-8553 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地5
TEL: 048-852-1111(代)交通のご案内
休診日
土・日曜日・祝祭日・年末年始(12/29〜1/3)・創立記念日(5/15)・国民の休日
現在実施中の治験
くすりが誕生するまで
治験のルール・審査
治験のメリット・デメリット
治験の進め方
プライバシー・個人情報・補償について
お問い合わせ先

治験のメリット・デメリット

メリット
治療の選択肢が増え、新しい薬で治療を受けることができます。
治験に参加いただくということは、最新の治療を受ける機会を得ることができ、治療の選択肢がひとつ増えるチャンスであるともいえます。
そして、通常の診療で調べるよりも詳しい検査が受けられ、自分の身体や病状をより詳しく知ることができます。
治験参加に伴う負担の軽減。
治験参加の期間中は、治験のために必要な薬代や検査・再診料などの費用は製薬会社が負担します。そのため、通常の診察と比べて費用が増えることはありません。
また、治験期間中は、通院費の負担を軽減するため、一定額の費用の補助があります。
治験は社会貢献のひとつです。
同じ病気をもつ患者さんの役に立つことになり、医療の発展という社会貢献になります。
デメリット
効き目が認められない場合もあります。
必ずしも従来の薬より効き目があるとは限りません。また、治験の内容によっては、プラセボという薬として有効な成分が含まれていないものを服用していただくこともあります。
副作用がでる可能性。
治験薬でも他の薬と同じように、副作用がでる可能性がありますが、治験に参加していただく前には、医師から詳しい説明があり、治験参加中も患者さんの安全に十分注意して進められます。
いくつかの制約を受ける場合があります。
通常の診察より通院回数や検査の頻度が多くなる、併用禁止薬、生活面での制約を受ける場合があります。