出来事

2017年度 文化祭

文化祭を終えて

今年は3学年そろって行う最後の文化祭でした。3学年で協力し盛り上がった文化祭になりました。今年の文化祭のテーマは「KIZUNA」でした。学年対抗のベッドメイキングなどクラスで協力することでクラスの「KIZUNA」を改めて深めることができました。

今年の模擬店はバザー・焼きそば・フランクフルト・ポップコーン・やどかりのクッキー・豚汁・非常食のアルファ米等がありました。模擬店終了後にはステージ発表があり有志の学生によるダンスやバンド演奏で大いに盛り上がることができました。講師の藤沢先生によるバンドメンバーの中にはプロの音楽家の方たちが数名いらっしゃったようで、かなりレベルの高い演奏を聴くことができよい経験になりました。

不安定な天候ということもあり、来場者が少なくなってしまうのではという懸念がありましたが、当日は予想以上の人数が来場してくださったおかげで多くの寄付金が集まり、熊本や東日本の震災、ユニセフに寄付することができました。

閉会式での競技の結果発表では2年生と3年生が同点というドラマが待っていましたが、2年生が男気をみせ、3年生に優勝を譲るという美しい場面も見られました。

文化祭実行委員が文化祭を盛り上げようと1年前から準備を進め、頑張ってくれたおかげで、無事に終えることができました。

来年の文化祭は2学年となってしまいますが、協力し今年以上に盛り上げられるよう頑張りたいと思います。(2年生代表)

平成29年4月7日(金) 入学式

平成29年4月7日(金)に第70回生の入学式がとり行われました。平成32年3月に閉校を迎えるわが校にとっては最終学年となります。私たち教員にとっても入学式を行うのはこれが最後となります。入学式は滞りなく進行していき、入学生はとても緊張した面持ちで式に臨んでいました。名前を呼ばれると1人1人大きな声で返事をし、これからの決意が伝わってきました。27名と少人数ですが、看護師になりたいという思いを旨に、最終学年としてこれからの3年間を皆で力合わせてり乗り越えていってほしいです。

平成29年3月3日(金) 卒業式

第67回生38名の卒業式がとり行われました。学生達は看護師国家試験も終わり、ホッとしたのもつかの間、救護服に身をつつみ、緊張した面持ちで卒業式に臨んでいました。思い返せば3年前、初めて67回生に出会ったときは、高校卒業後で、まだ幼さも残っていました。看護のこともわからず、ただ純粋に「看護師になりたい」という想いだけが、入学時は伝わってきました。卒業式では「これから看護師として働いていく」という強い想いが伝わり、卒業していく学生を見て、「立派になったな」と感慨深い気持ちになりました。看護学校の3年間で、辛いことや苦しいことを乗り越えたからこそ、今があるのだと思います。3年間の学びを忘れずに、これから看護師として羽ばたいていってほしいものです。

3年担当

2016年度 認知症サポーター養成講座の講演会

2016年5月7日(土)認知症サポーター養成講座の講演会を開催しました。

学生104名、保護者24名、病院職員19名、学校職員11名、計158名の参加者全員がオレンジリングをもらい、認知症サポーターとなりました。

【認知症サポーター養成講座の様子】はコチラ(外部リンク)

2015年度 ナイチンゲール祭

2015年5月8日(金) ナイチンゲール祭

本校では毎年、5月12日のナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月にナイチンゲール祭を行います。今年も5月8日に、さいたま赤十字病院にて、ハンドベル演奏とキャンドルサービスを行いました。ハンドベルでは、1年生から9名、2年生から7名が代表として演奏させていただきました。今年は1年生による『いつか王子様が』『星に願いを』、2年生による『Believe』『涙そうそう』の4曲です。またキャンドルサービスでは、ナイチンゲール誓詞の暗唱、および『エーデルワイス』『荒野の果てに』『星影さやかに』を合唱しながら、院内を回らせていただきました。

この日のために、ひと月前から全校生徒で練習に励んできました。ハンドベル演奏は楽器がはじめてという生徒もおり、正直「間に合うだろうか。」と不安に思うこともありました。当日は極度の緊張の中、練習通りにいかず悔しい思いもありましたが、患者さまの笑顔を見ることができ、「やってよかった。喜んでもらえてうれしい。」という気持ちでいっぱいになりました。

この行事を終えて、さらに「看護師になりたい。」という想いが強くなりました。この気持ちを胸に日々の学習へ懸命に取り組んでいきたいと思います。

 

バックナンバー