さいたま赤十字病院
お問い合わせ
〒330-8553 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地5
TEL: 048-852-1111(代)»交通のご案内
休診日
土・日曜日・祝祭日・年末年始(12/29〜1/3)・創立記念日(5/15)・国民の休日
外来診療スケジュール
診療科一覧
内科
総合臨床内科
肝・胆・膵内科
消化管内科
呼吸器内科
糖尿病内分泌内科
血液内科
膠原病・リウマチ内科
腎臓内科
神経内科
循環器内科
心療科
小児科
外科
乳腺外科
整形外科
脳神経外科
呼吸器外科
心臓血管外科
皮膚科
形成外科
高度救命救急センター
泌尿器科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
麻酔科
放射線治療科
放射線診断科
リハビリテーション科
緩和ケア診療科
口腔外科
病理診断科

腎臓内科

お知らせ
診療日:月・火・水・金
学会等により休診となる場合がありますので、平日の午後、時間内に外来にお問い合わせください。
スタッフ紹介
氏名・役職 専門領域 認定医・専門医等
雨宮 守正(部長)
腎臓内科
透析療法
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本透析医学会評議員
佐藤 順一(副部長)
腎臓内科
透析療法
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
齊藤 弥積(医師)
 
 
松山 桃子(レジデント)
腎臓内科
透析療法
 

※所属学会・資格についてはこちら

診療科の紹介

はじめに

昨今、慢性腎臓病が新聞にも取り上げられ話題となることしばしばです。慢性腎臓病とは、蛋白尿や血尿を代表とした腎臓の異常が3ヶ月以上続いた場合を言います。この慢性腎臓病の中には将来末期腎不全へと進行し、透析療法が必要となる方も存在します。また、心筋梗塞など心血管系の病変に罹患する危険があると言われています。

 

慢性腎臓病に罹患している方たちは非常に多いため、開業医と専門医との協力による二人主治医体制が新聞でも話題になりました。 当院でも地域の先生方と協力し、皆様の腎臓を守っていきたいと考えております。まずはかかりつけ医を決めた上、当院への紹介受診をご検討ください。

診療実績
慢性腎臓病
健康診断などで検尿異常や腎機能異常を指摘された方。
早期であるほど、良い経過が期待できます。透析や合併症を予防するための、適切な治療方針を決定いたします。
ネフローゼ症候群
蛋白尿が大量に出ることにより、むくみがある方。
当院では年間40〜50例の腎生検(組織診断)を行っており、組織診断に基づいた最善の治療を提供します。
腎不全
すでに腎機能が悪く、将来は透析療法が懸念される方。
適切な薬物療法と栄養管理を行い、透析への移行を少しでも遅らせるように努力します。
また不幸にも透析が必要となっても、適切な時期に透析を開始し、スムーズな導入を心がけます。
透析療法
いまや透析を受けている方は人口500人に一人を超える状態です。当院でも年間70人近い患者さんの透析導入を行っています。
透析を開始した患者さんは、病態が安定すれば当院を卒業し、近隣の透析クリニックでの治療を継続しています。
また、近隣の透析施設で問題が発生した患者さんはいち早く当院に入院いただき、問題解決に努めています。近隣クリニックとの連携が万全なのは当院の自慢です。

その他の活動

当院は日本腎臓学会・日本透析医学会の教育認定施設であり、豊富な症例をもとに専門医の養成に尽力しています。

診療科一覧へ